クレジットカード デザイン

独身女性にみる特徴的なクレジットカードの利用方法が暗示する将来

「独身女性にみる特徴的なクレジットカードの利用方法」については、わたしは男なので解かりかねますが、聞いたところによりますと「女性は同姓の持ち物や装飾品に並々ならぬ嫉妬心をもち、それに対抗してそれ以上のものをクレジットカードを使ってまでも購入し、さりげなく見せびらかすらしい」です。

男のわたしとしては「同姓に対する嫉妬心は仕事に関してはある」といったところですが、さすがに持ち物に関して見栄を張り借金をするという「愚かな事」は経験ありません。

また、「女性は男性よりもお金に対する執着心が強く、男性の持つお金の臭いを嗅ぎ分ける能力にも秀でている」と聞いたことがあります。

確かにわたしの妻の独身時代を思い返すと、納得させられる部分も多々あります。ですが、わたしの妻は「男性の持つお金の臭いを嗅ぎ分ける能力を充分に発揮できなかった」とも見受けられます。なぜなら「お金と愛のバランスを取り損ねた」からです。はっきり言って妻にはお金に関して苦労させました。反省しております。

そのような特徴を持った独身女性の将来はどのようになるのでしょうか。わたしの「ある意味穿った考え」では「その女性が独身を生涯貫くにしても、自分の嗅覚に引っ掛かった男性に寄生するにしても独身時代に味を染めたクレジットカードの蜜を使い果たすまで利用するであろう」ということです。なお、結婚してしまうと「利用対象が自分から子どもに変化すること」は想像に難くないと思われます。

「ある意味一般的な見方」かもしれませんが、「実際一般的な見方の中にこそ本質が見え隠れしている」のではないでしょうか。なお、この文章は絶対に妻に読ませたくはないです。なぜなら「今度はお金の臭いよりも血の臭いを嗅ぎ分けられそうだから」です。

年齢と勤務年数がクレジットカード審査にあたえる影響力の範囲とは!

「クレジットカード申し込み時における加入審査」は、結構厳正で「あるクレジットカードの審査に落ちると半年間は他のカードを申し込んでも審査で必ず弾かれる」と言われます。クレジットカードを独自に発行する企業でも「審査はクレジットカード会社に外注している」ので、「各クレジット会社の審査が基準である」と考えても良いと言えます。ですが、「各カード会社の内部基準」には差異があって当然なので実際のところ「審査基準の明確化」は絶対に無理でしょう。

さて、タイトルにもあるように「年齢と勤務年数がクレジットカード審査にあたえる影響力」はどれほどでしょうか。「若年層の方」ならまったく問題になりませんが、「働き盛りの40代以降の方」では「勤務年数が極端に短い」と「年代における収入」が加味され「厳正な審査」が実施されるでしょう。ですが、「住居形態や家族構成」も考慮されるので「それなりの年収が継続的に期待できる」ということであれば「審査結果は即日」ということも考えられるでしょう。

結局、「年齢と勤務年数がクレジットカード審査にあたえる影響力の範囲」は限定的なもので、「多重申込みや過去の延滞」さえなければ「会社員にとっては有利な審査」が望めるのではないでしょうか。

クレジットカードは生活していく上で、絶対とは申しませんが、「必要なアイテムなので一枚は必ず持っておくこと」をお勧めします。今なら、いやいつでもキャンペーンを実施している金融機関・クレジットカード会社が多く存在するので、「ネット広告」をつぶさに見ながら検討されることを是非お勧めいたします。

現金支払いに大きく勝るカード支払いの優位性が示すメリット

クレジットカードが現在のように大幅に普及する以前は、「高額商品は月賦(ローン)で購入し、その他の商品は現金で支払う」というのが一般的でした。クレジットカードは加盟店も少なく、中小百貨店やタクシーなどでも使えない場合が多かったので非常に不便でした。また、大型電気店などでは、「現金一括払いなら値引きが期待できる」という一種の神話が残っており「現金信奉者」も多かったように記憶しております。

現在においては、現金とクレジットカードは「立場がすっかり逆転してしまったような印象」すらうかがえます。「クレジットカードさえ申し込めばキャッシュバック(いわゆる現金がいろいろな形で返金される)が期待できる」ので優位性は図りきれません。当然カードを利用するとポイント還元されるのが一般的なので、「現金主義者」以外はこぞってカードを利用するようになりました。

またネットショッピングにおいては、カードを利用すれば「代引き手数料などの無駄な出費」が必要ないですし、「そもそもクレジットカードしか利用できないショッピングサイト」も存在します。なお、「いろいろな支払い方法を選択できるショッピングサイトの方が断然多い」ということを付け加えておきます。

何と言っても「クレジットカード一枚あれば海外旅行ができるうえショッピングもキャッシングも利用でき、支払いは翌月以降なので現金払いに勝る優位性」は揺るぎません。たとえ「手数料や利息」が必要でも「かさ張らないカード一枚というメリット」は何ものにも換えがたいと言えるでしょう。

唯一のデメリットは、「クレジットカードで利用した代金はまぎれもなく借金だ」ということです。それを「手持ちの現金で返済しなければならない」ということです。あたかも「禅問答」のようですが「現金の利用」にもそれなりにメリットがありますので、「上手な使い分けを自分自身で判断する知恵」を是非見つけていただくことを強くお勧めします。

バイクの購入や車検代におけるローンとクレジットカードの違い

バイクに関して言えば、わたしは学生時代に「中古の中型バイク(現在の普通二輪免許で可能)」を月賦(ローン)で買って利用していましたが、数年前の「大型二輪ブーム」や「若者のバイク離れ」を見るにつけ複雑な気持ちになります。おそらく最近では、「専業のバイク屋さん」も少しずつ減っているのではないでしょうか。それに反して「昔の名車を扱う中古バイク屋」は結構繁盛しているとも聞きます。

「国の施策にきっちり組み込まれている車産業」と違い、バイクは「趣味の領域」から脱することなくこのまま平行線をたどれば良い方だと思われます。結局車のように「産業が発展して価格が下がるということ」が「バイク産業にはなかったこと」が原因でしょう。

昨今の「大型バイク」は、軽自動車よりも価格が高いので、クレジットカードでは買いづらく「オートローン」に頼ることがほとんどです。ですが、「車検代」については少額なのでクレジットカードの利用が可能だと思われます。なお、店舗によってはクレジットカードが使えない場合があるので注意が必要です。

「オートローン」を組む場合、当然「審査」があり「携帯電話本体の割賦代金の延滞」や「各種カードローンやクレジットカードの利用状況」も対象になりますので「審査に通らなかった場合」は購入を諦めざるおえません。また、「借金がない方」でもクレヒスが全くない場合「信用情報事故扱いの疑い」を持たれ、「審査に落ちた」ということも聞きます。

「個人の信用情報」は「個人信用情報機関」で開示してくれますので、事前に確認し購入に臨むことを強くお勧めします。「クレジットカードで購入するのは無理なのでローンを組もうとすればクレジットカードが原因で審査に落ちた」と言うことになれば「本末転倒」なので、くれぐれも「クレジットカードの利用」には「細心の注意」を払いましょう。

使わない使えないポイント集めに終始する誤ったカードの使い方

企業やクレジットカード会社が発行するクレジットカードを上手に利用すれば、各社がそれぞれ行なうキャンペーンなどにより多くのポイントを獲得することが可能です。カードの通常利用でもポイントの獲得は可能ですが、「期間限定のキャンペーン」を利用すれば通常よりも数倍ポイントが貯まるのが一般的です。ですが、「期間限定で獲得したポイントの利用期間も限定されている」場合もありますので、ホームページ上できちんと確認されることをお勧めします。

さて、「クレジットカードの効果的な利用方法」とはどのようなことでしょう。人によって捉え方は違いますので一概には申せませんが、「高額な買い物をするときに利用する」「少額でもポイントが付くから利用する」のどちらかだとわたしは思います。結局どちらも「手持ちの現金をなるべく使いたくない」という発想からでていることは誰も否定しないでしょう。また、どちらも「利用方法としてまちがってはいない」と思います。

では、なぜカード発行会社は利用ごとにポイントを付けるのでしょうか。当然のことながら、「カード利用の促進の意味合い」はわたしにも理解できますが、「手数料収入で成り立つカード発行会社」からすれば、「収益とポイント還元はトレードオフ」ではないでしょうか。おそらく「ポイントを獲得しても使わない利用者が多いこと」「利用者に分かりづらいようにポイントに利用制限をしている」ということが「各カード発行会社の共通の知恵」として浸透しているとも考えられます。

各カード会社は表向き「厳しい顧客獲得競争」を繰り返していますが、実は「各社の思惑は一致していてキャンペーンを少しずつずらしてポイント還元を実施して収益を上げている」ようにもわたしには見受けられます。なお、「企業として利益を出すということは最大の義務」ですから批判するつもりは毛頭ありません。逆になぜか冷静に納得している自分が見えています。

結論としては、「使わない使えないポイント集めに終始するカードの使い方」はある意味「カード発行会社の収益に貢献している」わけで、将来「別の違った形でカード利用者に還元される」とわたしは思いますので、決して誤った使い方ではないと断言します。

カードの締め日直前の利用はタクシーとガソリンスタンドが効果的

日頃の生活の中で「クレジットカード」ほど便利なものはありません。「毎月の決まった収入で生活される会社員の方々」にとっては「打ち出の小槌」ならぬ「もう一つのカード型財布」と言ったところでしょうか。身近な所では、コンビニにおいては大手がすべて「カード対応」しておりますし「電子マネー機能」も付随していますので、ことさら現金を多く持ち歩く必要も少なくなりました。

「便利さ」の反面「翌月に必ず訪れる支払いの味気なさ」には誰でも辟易することでしょう。なぜなら「利息というスパイス」が適度に効いた「一括返済額」がおいしいわけがありません。クレジットカード会社もそれは把握していて、「利息というスパイス」を薄める(?)「リボ払いという隠し味」をカード契約者に提案するようになりました。

なんと「翌月一括返済をリボ払い」へ「支払日数日前に変更できるあとからリボ」というのが出現しました。翌月の支払いに窮した方にはまるで「突然舞い降りた天使のようなサービス」です。なぜならネットで完了するからです。なお、「リボ払いのデメリット」については割愛させていただきます。

「リボ払い」には、「毎月の少ない一定返済額というメリット」はそれなりにありますが、「支払い方法よりも利用方法」を工夫すれば「翌月一括返済額」を減らすのは可能です。そのためには、必ず「締め日と返済日」をカードごとに把握しておくことが必要です。特に、「給与振込口座をカード決済口座にしている会社員の方々」は「締め日」はおろか「返済日」も気に留めてないのではないでしょうか。なお「ご家庭の財務省」はきっちり把握されていることでしょう。

「具体的な利用方法」としては、「ガソリンスタンドやタクシーでクレジットカードを利用するときは必ず締め日直前にすること」です。そうすれば「各社の決済関係」により「支払いを翌々月に延長できる可能性が高い」です。

ちょっとした「利用方法の工夫」で「翌月一括返済」を減らすことができれば「財務省の厳しい監査」を受ける機会も少しは減ることでしょう。それでも「支払いが困難だ」ということでしたら「リボ払い」を検討しましょう。できれば「財務省の認可」を事前に取ることが最低条件です。

セキュリティコードだけでは防げないネットでクレカの危険性

数年前から、「ネット環境とクレジットカード」さえあれば「愛と寿命以外の世界中のあらゆるもの」を手に入れることが可能になりました。あくまでも「カードの利用限度額の枠内」に限ってですが。パソコン・スマートフォンなどの情報機器で「カード番号・有効期限・裏面のセキュリティコード」さえ打ち込めば決済は完了です。なお、サイトによっては「VISA認証パスワード」を求められます。

「利便性に優れるネットでクレカ」ですが、一旦「カード情報」が漏洩するとネットにおいては直ちに拡散しますので、「対処の暇」を見つけることすらできません。「セキュリティコード」は各ショッピングサイトでは保存されてはいないですが、なにせ「3ケタ」ですから総当りで打ち込んでも「最大1000回」です。貧弱な能力のパソコンで「演算プログラム」を書いて実行しても数秒でしょう。

これを未然に防ぐには、至って「アナログな方法」しかわたしは思い付きません。具体的には、カードは絶対に使わなければならないと仮定すれば「利用限度額をあらかじめ設定したVISAデビットカードもしくはバーチャルカード」を「セキュリティロック」を掛けながら利用することです。

この方法は、「カードの利便性」に反していますし、何よりも面倒です。ですが、「カードの利用は自己責任」の上「ショッピングサイトの脆弱性は外から把握できない」ので、「自己防衛」が必ず必要です。

人によっては、「カードを利用せず着払い・口座振込で対応したほうが良い」とよりアナログ的に考える方もいらっしゃるかと思いますが、それでは補償が全くありません。

カードの場合は、「不正利用が確実に見受けられる時には返金補償が受けられる」というのが一般的ですので、「自己防衛をしつつカードを適切に利用すること」がネットでは必要だと思われます。「利便性とセキュリティはトレードオフ」なのでバランスを考えて対処するようにしてください。

「ネットでクレカの危険性」を充分に理解しつつ、時には「アナログ思考」を交え適切に対処することが肝要だとわたしは思います。ちなみにわたしは「プログラム言語」に関しては無知です。「C言語」「JAVA」「Python]のプログラムの違いが分かる程度です。

複数のクレジットカードの使い分けがもたらすメリットとデメリット

若い会社員の方の中には「複数のクレジットカードを目的別に有効に利用している方」もいらっしゃるかと思います。また、「利用する予定はないが、キャッシュバックやポイントが魅力でネットで申込みをした」という方も多くいらっしゃるでしょう。「クレジットカードが契約できるということは個人の信用状況に今は問題がまったくない」ということなので、わたしとしては一切関知いたしません。

「クレジットカードのメリット」は、ご存知のように「ショッピング枠とキャッシング枠それぞれに限度額が設定されているので、その枠内ならば海外においても自由に使える」「翌月一括返済やリボ払いなどの支払い方法が選択できる」ということが挙げられます。また、「頻繁な利用状況・良好な返済状況・収入の増加」などによっては「利用限度額増枠」が確実に望めます。

「複数のカードを契約している場合」は、当然のことながら「締め日・支払日」が異なるので、「適切な使い分け」ができていれば「家計を救う最大の助っ人」になり得るでしょう。

さて、「世の中でおこる出来事」は案外面白いもので「今までメリットだったものが、ある日突然デメリットに変質する」ということが往々にあります。これはクレジットカードにもあてはまり、「クレジットカードのメリットが突然デメリットになる日」がなぜか訪れます。特に「複数のクレジットカードの適切な使い分けが上手にできていた方のみ」にです。

なぜなら、「人は必ず得意なもので失敗する」という原理が存在するからです。「苦手なことにはそもそも手を出さないので失敗することもない」というのも原理です。「クレジットカードは便利だけど持ちたくない」という方は、おそらく「借金が苦手」なのでしょう。それに対して「複数枚カードを持っていてうまく使い分けている」という方は、「借金をしている感覚というよりは利便性を優先的に考慮している」と思われます。

そこに「保険では補えない大きな思考の間違い」があります。これは例えですが「車は便利だけど事故を起こす可能性があるが保険でカバーできる」と考えて多くの人は車を利用しています。ですが、「クレジットカードは便利だけど支払い不能になる可能性は否定できない。加えて補償してくれる保険もない」と考えてカードを利用している方は少ないと思います。なお、「住宅ローンは万が一の場合は保険でカバーできる」ということは皆さんご存知でしょうが、あくまでも「命が担保」です。

厳しいことを述べましたが、「クレジットカードの支払い不能」ぐらいでで命を差し出す必要もありませんし、真面目に生きていれば何とかなります。とにかく「クレジットカードはたいへん便利で、なければネットショッピングすらできない」とわたしは思っています。「負の側面」を理解しつつ、不器用に利用することを強くお勧めします。

FXのレバレッジトレードでクレカを効果的に利用する方法とは!

タイトルにて「FXのレバレッジトレード」としていますが、正確には「レバレッジトレードのひとつとしてFXがある」とお考えください。「レバレッジトレード」には、「FX(外国為替証拠金取引)」だけでなく「金(きん)などの取引」なども含まれるからです。なおここでは「FXトレードのレバレッジ効果におけるクレジットカードの必要性」について述べさせていただきます。

「レバレッジ」とは「手持ち資金の何倍もの大きな資金を有効に活用し大きな利益を得ること」を意味し、「てこの原理」そのものです。なお「てこは必ず成功するという原理」ですが、「FXトレードのレバレッジ効果」は原理ではありませんので必ず成功するとは限りません。加えて「クレジットカードを利用してのレバレッジ」に失敗すると…ここでは深く考えないようにします。

「FXトレード」はご存知のように「世界の機関および一般投資家が参加してあらゆる市場で行なわれている」ので、「利便性の意味」を含めて一部の例外を除き「クレジットカードが必ず使用できる状況」です。なお、ある国では「金融部門を監督する官庁がFXトレードにおけるクレジットカードの利用を禁止している」と聞きます。わたしとしては、「クレジットカードの利用は自己責任」だと考えていますが。

「海外のFX会社」では、「口座における手持ち資金」と「クレジットカード」が併用できますが、「FXのギャンブル性」を鑑みはじめは「手持ち資金のみでの利用」をお勧めします。ある程度「相場が理解できてきた」と確信したときには「クレジットカードの利用」を考えても良いと思います。また「相場は明日もある」ので、今すぐ利用することは考えないようにしましょう。

「勝負事には自分自身の勘を大切にせよ」と言われますが、むやみにクレジットカードに頼ってしまうと「あとから必ず訪れる支払いというストレスが結局は勝負勘を狂わせる」という結果を招きます。「手持ち資金には良運を呼び込める力がある」とわたしは考えますが、「クレジットカードには呼ばなくてもやってくる支払日と利息という悪運が付いている」ということをお忘れなく。

以上のように考えると、ある国の「FXトレードにおけるクレジットカードの利用を禁止している」という方針はあながち方向違いではないように思われます。

クレジットカードの有効期限が更新されない場合の原因と今後の対策

クレジットカードの「有効期限」は、「発行元の企業やカード会社」が「契約者個人の信用状況・カードの使用頻度」によって定めているものですが、例外を除き「最大でも5年間」と言ったところです。その理由には諸説ありますが、「契約者個人の信用状況が5年間の間に大きく変わる可能性がある」ということが「発行元には最も困ること」だからでしょう。

また「契約者個人」からすると、「常時携帯したり使用したりすればカードが傷む」という側面があるので「最大でも5年間という更新期限」は妥当なものだとわたしは思います。なお、「セキュリティの面」でも「カードに刻印されている有効期限や裏面のセキュリティコードが変わる」ということは「発行元・契約者双方」にメリットはあるでしょう。

さて、「クレジットカードの有効期限が更新されない場合」についてはその原因が必ずあります。「更新の判断はカードの発行元が社内基準によって実施する」ものなので実際には把握できませんが、「支払いの遅延の繰り返し」「少ない使用頻度」等が原因になると思われます。ちなみに、「年会費が高いゴールドカード」等はたとえ使用頻度が少なくても更新される可能性は高いでしょう。「ゴールドカードを持つ方」なら「支払いの遅延」は考えられないですから。

「更新されない原因」として「使用頻度が少ないことが思い当たる方」は、「もともとそのカードとは縁がなかった」と考えるようにしましょう。「支払いの遅延が思い当たる方」は、幸いなことにおそらく「他のカードを申し込んでも審査で落とされる可能性が高い」ので「無駄な借金をしなくて済む」と前向きに考え仕事に励みましょう。

以上が、「クレジットカードの有効期限が更新されない場合の原因と今後の対策」です。